ペット霊園選びで失敗しないポイントとは?よくあるトラブルについても解説!

こちらのサイトは、ペット専用のお墓に愛毛や愛猫の遺骨を安置したい人に役立つ情報をご紹介しており、専用墓地を選ぶ中で重要なポイント、よくあるトラブルを例にしてご紹介しています。
特に利用したことでこのようなトラブルがあるなど事前に知っておけば回避するポイントにも繋がります。
また、ペット霊園でお葬式を執り行うときの費用相場や一周忌などの法要や定期的なお参りのやり方など幅広く触れているので参考にされることをおすすめします。

ペット霊園選びで失敗しないポイントとは?よくあるトラブルについても解説!

ペット霊園を選ぶとき失敗しないポイントには何があるのか、そのポイントには宗派と火葬方法や規模や費用、管理体制や雰囲気などの3つが挙げられます。
この中で特に重視しておきたいことは管理体制および雰囲気でペット霊園を選ぶ点です。
ペット霊園には個別のお墓と様々な犬や猫などのペットをまとめて供養する合同墓地の2つがあるのですが、個別のお墓の場合は場所の確保が必要になるのでその分だけ費用も高くなりがちです。
また、最寄駅から近い場所や大型の駐車場があるペット霊園など訪問しやすい環境の施設を選ぶことも大切です。

優良なペット霊園の選び方を押さえておこう

優良なペット霊園は飼い主なら誰もが選びたいものですが、選び方についてポイントを押さえることが納得の選択に繋がるのではないでしょうか。
ペット霊園の選び方は人によって様々ですし、家の近くや思い出の場所といった条件での探し方もあります。
しかし、一番大事なのは安心して預けられるかどうかで、任せた通りの管理が行われることが何よりも大切です。
優良の基準も人それぞれですが、例えば問い合わせに対して親切丁寧な対応がされたり、見学の希望に快く応じてもらえるなどが判断材料になります。
電話を掛けてもなかなか出ない、見学を申し出れば何かと理由をつけて希望日に予約が入れられない、そういったペット霊園は避けるべきです。
また現地に足を運んで見学する際に、分かりやすく丁寧な説明が受けられるか、質問に対する答えが明確かどうかなども参考になります。
ペット霊園は長期的にお世話になる施設ですから、簡単に決めることはできませんし、いくつか候補を実際に見て回り比較して決めるのが後悔しない方法となるのではないでしょうか。

ペット霊園でよくあるトラブルとは?

大切にしていたペットが亡くなったら、家族の一員として大切に供養をしてあげたいと思い、葬儀に関してちゃんと供養してもらえるペット霊園を一生懸命探すことは必須でしょう。
しかし、一部の業者とペットの飼い主とのトラブルは多く、それはペット葬儀に関してしっかりと法律で定められていない部分があることが原因です。
ペット霊園に埋葬するを依頼する際に一番よくあるのは、埋葬終了後の後戻りできなくなったところから交渉を始めて、高額な請求をされるケースです。
そのほか、事前に求めていた火葬内容とは異なる方法で火葬されてしまい、想像以上に焼けてしまったり、黒焦げになってしまい遺骨を返してもらえないケースもあります。
これらのトラブルのケースは稀ではありますが、自分たちがペットの火葬や埋葬において辛い目に遭わないように、正しい火葬業者やペット霊園を選ぶように、事前に費用の確認や見積もりなどをしっかりと調べておくことが重要です。

ペット霊園でのトラブルが多発している背景

ペット霊園の需要は年々高まっていますが、それに伴ってトラブルも多発しています。
最も多いトラブルは費用に関するもので、火葬後に高額費用を請求されるというケースが少なくありません。
また、遺骨を返却してもらえなかったり異なるペットの遺骨が返却されたりするケースも報告されています。
このようなトラブルが多発しているのは、ペットの葬儀や霊園に関する法律が整っていないためです。
動物の遺体は人間とは異なり廃棄物として扱われるため、特別な許可や資格を持っていなくても、土地さえあればペット霊園を開業することができます。
開業のハードルが低いことからペット霊園の数は年々増加していますが、その中には安易な見通しで開業したという業者も一定数存在します。
当初の見通しよりも利益が上げられないために、高額請求やずさんな経営につながっているのです。
以上がペット霊園でのトラブルが多発している背景となりますが、多くの霊園は健全な経営を行っているため、業者選びを慎重に行うことでトラブルに巻き込まれるリスクを大幅に下げることができます。

ペット霊園に葬儀を依頼する際の流れ

ペット霊園というものをご存知ですか。
日本は先進国のなかでも、非常に多くのご家庭でペットを飼育されています。
そして他国では見受けられない接し方をされています。
それは、家族と同等に大切に飼うというスタイルです。
そのため、ペットが天に召された際は丁重なセレモニーを実施するのも一般的となりました。
ここでは簡単に、ペット霊園に葬儀を依頼する流れを見ていきます。
まず息を引き取ったイヌやネコの身体をタオルで包み、箱の中に入れておきましょう。
ここで注意をしたいのは、必ず氷を内部に入れることです。
エアコンがある部屋であれば約18度程度まで室温を下げて保管をします。
その後、ペット霊園に連絡をしてお仕事をお願いしましょう。
大半のペット霊園では連絡後の翌日から2日営業以内に対応をされますが、休日などがあると実施をされるまで長引く可能性があります。
自宅近くにある霊園を利用される場合は、亡骸を預かるサービスもあります。

ペット霊園に関する情報サイト
ペット霊園の重要ポイント

こちらのサイトは、ペット専用のお墓に愛毛や愛猫の遺骨を安置したい人に役立つ情報をご紹介しており、専用墓地を選ぶ中で重要なポイント、よくあるトラブルを例にしてご紹介しています。
特に利用したことでこのようなトラブルがあるなど事前に知っておけば回避するポイントにも繋がります。
また、ペット霊園でお葬式を執り行うときの費用相場や一周忌などの法要や定期的なお参りのやり方など幅広く触れているので参考にされることをおすすめします。

Search